Page: 1/15   >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | | - | - | - |
    冬休み春休みの免許取得!良い合宿免許の探し方!!
    0
      自動車免許の取得は春休みや冬休みなどの長期休みをお勧めします。
      実技も学科も毎日続けて学習すれば効果が抜群に上がるからです。

      私が自動車学校で教習した限りでは、休まず続けて学習することで
      急激に伸びる時期が、どんな人でも存在します。

      毎日、真剣に自動車の運転を練習しているのに上手くならない!
      そう感じている人も、自分を信じて練習を続けてください。
      必ず結果は出てくるはずです。

      そして、更に効率よく運転免許を取得するには
      運転免許を取得することだけに集中できる環境が望ましいですね。


      自動車免許を取得するため集中できる環境は
      合宿免許が一番といえます。

      学校が休みなのは、とても嬉しいもので心も開放的になります。
      そんなときに自動車学校に通っていると、ついつい誘惑に負けてしまいます。

      「一日くらい休んでも問題ないや」
      その気持ちがズルズルと悪い方向へ進み免許取得が遅れていきます。

      合宿免許はしっかりとしたカリキュラムを確実に消化できる
      環境とスケジュールが存在するので誘惑に負けることは激減します。

      春休みや冬休みを利用して免許を取得するには
      断然合宿免許がお勧めです。

      免許取得には合宿免許が良いと分かっても
      どこの自動車学校で合宿免許制度を利用すればよいかわからない!

      そんな貴方のために元車校教官の私が
      お勧めできる合宿免許紹介サイトをご紹介します。

      先ず、お勧め度が一番のサイトが免許合宿ライブ です。


      免許合宿ライブ は全国の自動車学校をランキング形式で掲載しています。
      自動車学校選びで重要なポイントは紛れもなく評判です。

      評判の悪い学校は絶対的に避けなければなりません。
      入学した後では取り返しのつかない場合もあります。

      合宿免許は自動車学校選びで「楽しく」「早く」「安く」
      免許が取得できるかどうかが大きく左右されます。

      不明点があれば気持ち良く教えてくれますので活用くださいね。




       
      | ドライバー | 01:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
      亡父の愛車相続
      0
        先日、仲の良かった知人のお父さんが亡くなりました。
        娘さんとは大変仲が良かったので尚更辛いお別れでした。

        亡くなった知人の男性は、車でドライブするのが大好きな方でした。
        週末には娘さん夫婦と一緒にドライブを楽しんでいたようです。

        大好きなお父さんの愛車は娘さんにとっても大切な思い出となりました。
        普通なら処分することが多いのですが、娘さんはお父さんの愛車を受け継ぐと決意したようです。

        現在、ご自分の利用している車を手離し、お父さんの愛車を受け継ぐのです。
        きっと亡きお父さんとの思い出がつまった愛車は手離さないのでしょう。

        娘さんから亡くなったお父さんの愛車を相続するにはどうすれば良いか
        相談を受けました。

        私も車の相続について経験がないので
        いろいろ調べてみました。

        車を相続する場合、一般的には
        相続する人が一人の場合と複数人いる場合で必要なものが違います。

        相続する人が一人の場合は、車の名義変更に関する書類や自動車の廃車手続きに関する必要な書類、相続人の戸籍謄本と印鑑証明が必要となります。

        相続する人が複数人いる場合は、車の名義変更に関する書類や自動車の廃車手続きに関する書類と共に「遺産分割協議書」、「相続人全員が記載されている戸籍謄本」、「相続人」の印鑑証明などが必要となります。

        知人の娘さんの場合は、車を廃車するのではなく名義変更を行うのですが、
        もし廃車にする場合は廃車手続きをしなくてはなりません。

        この場合、廃車手続きだけでなく、一旦は遺産として相続することが必要であることを押さえておくことが必要です。

        大切な方が亡くなった時は、葬儀などで忙しくなり、葬儀後は心に穴が開いたような状態になるため
        普段からいざという時のために必要な知識を備えておくことが大事なのかもしれません。

         
        | ドライバー | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
        運転免許 取得 無理でしょうか?
        0
          怖かった普通自動車の運転
          運転免許を取得したいけど、私には無理?
          そう感じている方が意外と多いのです。

          その気持ち、私には痛いほどわかります。
          元、車校の指導員だったのに何言ってんの?

          そんな声が聞こえてきそうですが、初心者の頃は
          普通自動車の運転が怖くて仕方ありませんでした。

          <script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
          <!-- ジュゲム王国 -->
          <ins class="adsbygoogle"
               style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
               data-ad-client="ca-pub-2465275164864855"
               data-ad-slot="4663653191"></ins>
          <script>
          (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
          </script>

          16歳の時、バイクの免許をとったので
          もっぱら移動はバイクばかりでした。

          そして、18歳になると普通自動車の免許を取得できるのですが
          私は尻込みしてしまいました。

          その理由は、普通自動車はバイクに比べると
          車幅が大きいので事故を起こしそうで怖かったのです。

          また、自動車はバイクに比べると
          周囲が見づらいことも怖さの理由でした。

          だから、自動車の免許をとるのが怖いという方の
          気持ちが痛いほどわかるのです。
           
          大丈夫!あなたも車の運転が出来ます!!
          自動車の運転が怖いという方は
          現時点のご自分が最悪の交通状況で運転する姿をイメージしています。

          例えば、街中の朝の通勤ラッシュの中で
          ご自分が運転する姿を想像すると、とても怖いものが有りますよね。

          でも、遊園地のゴーカートに乗るご自分を想像すると
          結構気楽に運転が楽しめそうです。

          運転が怖いという方は最悪の状況にご自分をおいて
          考える慎重派の方が多いものです。

          自動車学校では教習カリキュラムを基礎から応用へと
          無理なく組んでいます。

          少しづつ運転になれることが可能です。
          先ずは場内で基本を学び、一般道路での運転に入ります。

          大丈夫です!あなたはきっと自動車の運転ができますよ!!

          あなたが運転できる理由とは?
          私が一歩間違えれば命のやりとりのある
          自動車の運転をできると言うには理由が有ります。

          もし、これが一昔以上前の時期なら
          躊躇していたかもしれません。

          それは現在と昔の自動車産業、交通状況が大きく
          違ってきているからです。

          例えば、自動車自体を見ても昔はマニュアル車主体でした。
          ところが現在はオートマチック車主体に変わっています。

          これは運転者にとって大変大きな負担減となっています。
          運転するために必要な技能が大幅に低減されました。

          また、自動車から見えない部分も少なくなり
          視界が大きく取れるようになりました。

          ブレーキにしてもアンチロックブレーキと言って
          効率良く減速できるシステムが導入されています。

          環境においても大きな変化が有ります。
          例えば信号機です。

          最近は大きな信号交差点ではほとんど右折の矢印が出ますよね。
          これは、交通渋滞を軽減する他に運転者の負担を少なくしてくれます。

          運転が不得意な人にとって右折は苦痛以外の何者でもありません。
          ですが、右折の矢印は直進車が進めないので楽チンなのです。

          例を挙げればまだまだ多くあるのですが
          現代は運転しやすい環境に満ち溢れています。

          この傾向は今後さらに加速されることでしょう。

          ですから、安心して運転免許取得にチャレンジしてみては如何ですか?
           

           
          | ドライバー | 19:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
          車庫入れバック走行が苦手な女性ドライバーの方へ
          0
            女性ドライバーの方で車庫入れ等のバック走行が苦手という声をよく聞きます。
            今日もショッピングセンターでそういったシーンを見ました。

            ショッピングセンターの駐車場入口から車が渋滞していました。
            何事かと思い先を見てみると1台の乗用車が車庫入れで苦労しています。

            とても慎重な運転??でゆっくりとした運転ですが
            待っている人はイライラしているようです。

            運転しているのは20代のお母さんのようで
            後続車が迷惑しているのをヒシヒシと感じていいるようです。

            私はゆっくりで良いので事故だけはしないよう祈っていました。
            するとその若い女性ドライバーは意外な行動に出ました。

            もう少しで駐車できるというところで
            周囲のプレッシャーに負け駐車を諦めて出口へ向かってしまったのです。

            同情している子供さんの残念な顔が忘れられません。

            せっかくのショッピングなのに残念な結果となってしまいました。
            でも、事故を起こす前の選択としてはよかったのかもしれません。

            そのお母さんの車庫入れを見ていて思ったことは
            ミラーを活用していない事です。

            車の誘導に慣れていないこともありますが
            ミラーによって自車の位置を把握できていないようでした。

            だから怖くて仕方ないようでした。

            駐車場へのバック走行でお悩みの女性の方は
            サイドミラーで自車の位置を把握してみてはいかがですか?

            少しずつですがバック走行がわかってくると思いますよ!
             
            | ドライバー | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
            免許取得上での悩みについて
            0
              自動車教習所に通っている方で運転が上達しないという悩みをネットで相談しているケースをよく見ます。
              その回答を見てみるとかなり手厳しい内容も多いものです。

              中には「そんな事では免許取れないよ!」という極めて厳しい回答もあります。
              元車校指導員の私としては、このような悩みをもつ方を指導している指導員はどう感じますか?

              ということを聞いてみたいです。
              私が、指導員をやっていて教習生がサイトなどでこのような質問をしていた場合、こんなに悲しいことはありません。

              運転技能が上達しないからこそ、相談して欲しいと思うはずです。
              相談の内容が、指導員や教習所に相談しても変わらないので・・。

              というような事ならまだわかりますが、このような不安を抱いている方に限って指導員には相談できないようです。
              そんな雰囲気を醸し出す指導員は運転を教える資格がないと思います。

              高い教習費用を支払って免許を取得しようとしている方に対し失礼です。
              そんな方には私も出来る限り励ましの回答をするようにしていますが、かわいそうで仕方ありません。

              運転に不慣れな方も多くいます。
              でも、その為に教習所があることを関係者は思いやりを持って考え直して欲しいものです。
               
              | ドライバー | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
              運転免許証の取得で悩んでいる方へ
              0
                自動車の運転免許を取得しようかどうか迷っている方が多いそうです。
                大学生や高校生に多いそうですが、大学生の方は教習生が多くなるこれからの時期でなく先に伸ばしても良いかと思われます。

                でも、高校を卒業して直ぐに就職する人はいま決断しないと間に合わない可能性が出てきます。
                これからの時期は年間の中で免許取得する人が一番多いからです。

                間に合わない、という思いが運転免許取得のチャンスを活かすことにもつながります。
                運転免許の必要性が今はイマイチ感じられない人が多いみたいです。

                運転免許は働き出してから取得するには難しいことです。
                働き出してから免許を取得するには、自動車教習所の夜間に通うことになるでしょう。

                でも、運転免許取得を仕事より優先させることが難しい場合、自動車教習所から足が遠のくことも考えられます。
                モチベーション維持も難しくなるものです。

                従って、学生時代がベストのタイミングとなるのです。
                運転免許の取得に迷っている人の中には必要性を考慮することが多くあります。

                でも、それはいくら考えても答えは出ないでしょう。
                私の経験でこんなことがありましたた。

                工場の現場作業から総務へ抜擢されたA君は運転免許がありませんでした。
                総務での仕事を希望していたA君は仕事を順調に覚えて行きました。

                ところが総務課の人は、銀行や役所等にいくことが頻繁にあるようです。
                A君はその時、始めて運転免許がないことで不便さを感じました。

                人生思わぬところで不便さを感じることもある良い例です。
                運転免許は悩むなら取得しておいた方が後々後悔はしないでしょう。
                 
                | ドライバー | 09:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                自動車教習所に入校する時期
                0
                  自動車教習所はこれから年間で最も忙しい時期に入ります。
                  所謂、繁忙期という時期に入り全職員が総出で頑張るのです。

                  このような時期に運転免許を取得する方として気をつけなくてはいけないことがあります。
                  それは、教習計画を立てず取り敢えず入学させる教習所には入校しないことです。

                  指定自動車教習所といえども商売なのでこの時期が一番の稼ぎ時です。
                  教習生は最も効率の良い学生がメインとなります。

                  この時期を逃しては年間の売上達成ができなくなります。
                  ですから、必死で教習生を集めていきます。

                  そうなると、技能教習を受ける時間がなくなってしまうのです。
                  個人計画で第1段階で一日2時間、第2段階では一日3時限こなして行く予定が一日1時園がやっとということも。

                  キャンセル待ちを狙って一日中教習所に待機しなければならない事態もよくあることです。
                  技能教習はこなせば良いというものではありません。

                  無理をして教習を受けても中身が伴わず結果的に追加教習が発生するような事にも成りかねません。
                  このような事態に成らないように自動車教習所は選ばなくてはなりません。

                  そこで、お勧めなのが合宿免許です。
                  合宿免許は短い時間で卒業するような計画を教習所側で作成します。

                  繁忙期はこの計画通りに教習生を卒業させなくては次から次へと入校する教習生に対応できなくなります。
                  従って、短い期間で免許取得をしたい人にはもってこいの教習所なのです。

                  勿論、指定校なので技能試験が免除される特典付きです。
                  格安でしかもスピーディーに運転免許を取得出来る合宿免許はお勧めです。
                   
                  | ドライバー | 09:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                  格安料金で運転免許を取得する方法
                  0
                    指定自動車教習所では技能試験が免除されるという最高の特典がついています。
                    それに加え近年では、運転免許を格安で取得できるという指定自動車教習所が増えて来ました。

                    指定自動車教習所で免許取得を行う際に格安料金になるようにするには、いろんな視点から検討することが出来ます。
                    1つは、教習所に行く時期を考慮する事です。

                    自動車教習所は繁忙期と閑散期の教習生の数が圧倒的に違います。
                    特に高校生が集中する2月〜3月いっぱいは年間で一番教習生が多い時期です。

                    しかし、5月〜6月、9月〜11月までの間は閑古鳥がなくような寂しい状況です。
                    このような時期が閑散期と呼ばれ教習費用が安くなっているのです。

                    繁忙期と閑散期の教習費用の差は6万円位ある教習所もあるのです。
                    時期を選んで免許取得が出来る方はお勧めです。

                    自走者教習所の費用は地域によっても違いがあります。
                    人口密度が少ないところが格安となっている場合が多いようです。

                    しかし、教習費用が安いといっても交通費がその分多めにかかってしまっては本末転倒ですから気をつけたいですね。
                    スクールバスの有無などをしっかり下調べして入校しましょう。

                    最期に最近は合宿免許という方法が格安で免許取得出来て、しかも旅行気分も味わえて人気があります。
                    合宿免許とは、教習所の宿泊施設や近隣のホテル、旅館に泊まり込み運転免許を取得する方法です。

                    宿泊費用、食事代、交通費の一部負担もあり、しかも費用が安いというシステムです。
                    合宿免許は教習所の運営が計画的に無駄なく行えるためコストを落とす事で低価格の教習費用が実現しています。

                    勿論、指定自動車教習所が運営している合宿免許も多数あるので安心です。
                    このように教習費用は色々な方法で落とすことが可能なのでお試し下さい。
                     
                    | ドライバー | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                    MT車における半クラッチの重要性
                    0
                      半クラッチは坂路や平地での発進時に重要な要素となります。
                      そして更に半クラッチは低速走行時に利用される機会が多いものです。

                      マニュアル車では、低速時はローギアでアクセルを踏まない状態で運転します。
                      しかし、それ以上に遅い速度で運転したい場合、ブレーキで速度を落とすとエンスト(エンジンが停止する)してしまいます。

                      このエンストを防止するため、クラッチを繋いだり切ったりしながら低速走行を行ないます。
                      具体的にはアクセルを発進時に必要なくらい踏み、速度が欲しい場合はクラッチをつなぎ、速い場合は切るという操作を繰り返します。

                      この場合、敏感にしかもタイミングよくクラッチのオンオフを行うため、半クラッチに出来る限り近い位置でクラッチペダルを操作します。
                      クラッチペダルの踏み込みを大きくすると、いざクラッチをつなぐ場合、時間がかかりすぎるためタイミングが遅れます。

                      従って半クラッチの極近い位置でクラッチペダルを操作するのです。
                      よく、わけもなくクラッチペダルを踏んだり上げったりする操作を見ますが、それは間違った解釈です。

                      試験場の技能試験、自動車教習所の検定時にS字やクランクといった狭路を通過しますが、この場合半クラッチを使った速度調整が要求されます。

                      バック時の速度調整にも必要な運転テクニックです。
                      エンストの発生がデメリットであるマニュアル車は、半クラッチの使い方が重要な要素となります。

                      しかし、エンスト怖さに常時クラッチペダルに足がかかっていたり、高速時ブレーキで速度を落とす前にクラッチを踏んでしまう危険な運転になることは避けなければなりません。

                      ブレーキで速度を落とす場合、クラッチを踏んでしまうとエンジンブレーキが効きません。
                      マニュアル車で速度を落とす場合、ブレーキペダルを右足で踏み速度が落ちてからクラッチペダルを踏むことが重要です。

                      クラッチは必要な時だけに使用し、いつも踏み込む事がないように習慣づけることが必要です。
                      | ドライバー | 09:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - |
                      MT車における半クラッチの重要性
                      0
                        MT車における半クラッチ操作は、先ず発進の際に重要となり自動車教習所では、技能教習の初日に習う項目です。
                        半クラッチはその後も運転のいろんな場面で必要となります。

                        その1つが坂道発進です。坂道発進での発進はMT車にとって恐怖を感じるものです。
                        坂道で発進に失敗すると逆走し後続車などにぶつかったりするからです。

                        坂道の逆走は運転者が思っているとり遥かに長い距離なのです。
                        検定時には逆走で検定中止となることもあるようです。

                        坂道発進での半クラッチ操作は半クラッチの作り方に自信ができるくらい身につけることが重要です。
                        半クラッチに自信をつけるには、坂道で半クラッチにより自動車を止めたり進んだりすることが自由にできなければなりません。

                        そのために教習では、アクセルを多めの2000〜3000回転位で保ち、半クラッチを保ち自動車がバックしないようにする練習をします。
                        この際気をつけることは、発進してしまうのではなく、半クラッチで自動車がバックも前進もしない状態を探し維持することです。

                        高度なテクニックですが、指導員がペンなどで膝を抑えてあげると比較的簡単にできるようになります。
                        勿論、ペンで膝を抑えることを教習生の人に了承してもらい行ないます。

                        最終的には半クラッチで前進、バック、停止状態を作ることができれば、半クラッチに自信が持てるようになるでしょう。
                        ペンで膝を抑えることを徐々に少なくすれば体で覚えることができるでしょう。

                        そして、最終的には手ブレーキを使用して坂道発進を行ないます。
                        半クラッチ状態を素早く作ることができ、手ブレーキを遅す早さが的確ならば問題なく出来ることでしょう。

                        坂道発進のポイントは、
                        • 半クラッチができた状態を自動車の沈み込みやエンジン音で的確に判断できる
                        • 手ブレーキを引いたままでも発進は出来ることを知っておく
                        • 手と足は連動して動くことを認識し手ブレーキはゆっくり下ろす
                        などです。

                        アクセルを少し多めに踏んでも急発進しないクラッチ操作ができれば坂道でエンストすることはないでしょう。
                        平地で、サードギアやセカンドギアくらいで発進する練習も半クラッチを掴むのに適しています。
                         
                        | ドライバー | 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - |

                        PR

                        Profile

                        Recommend

                        中古車の購入ならガリバーがオススメ!

                        221616.com【ガリバー】中古車検索プログラム

                        車検がお勧めオートバックス!

                        価格コム様用

                        自動車保険は価格.com

                        価格.com 自動車保険

                        リンクアフィリエイト始めませんか?

                        リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

                        Search

                        Entry

                        Comment

                        Archives

                        Category

                        Link

                        Feed

                        Others

                        無料ブログ作成サービス JUGEM

                        Mobile

                        qrcode